巡って発見 長野ナビ

観光コース

  • 気になる!行きたい!と思ったらクリック!→
    698
    行きたい
  • 印刷

[日本の旬 信州]神が宿る戸隠池めぐり

春夏秋

戸隠高原には3つの池があります。新緑に包まれる「みどりケ池」、戸隠山を美しく彩る「鏡池」、小鳥が羽を休める「小鳥ケ池」。まさに神が宿るスポットを自然と共に感じていただきます。

観光スポット情報

公共交通機関

中社の無料駐車場は、西参道入口にあります(西参道入口駐車場)。駐車台数は100台程度と大型です。段々畑のように、いくつかの階層に駐車場が整備されています。

※ただし、常に全ての駐車場(階層)が開放されているとは限りません。非常に混みあっていても一部の駐車場が利用できないなど、良く分からない使われ方がされることがあります。例えば、平日は全て開放されているが、祝祭日は利用が制限されるなど。連休中など混み合う期間には警備員が誘導を行っていることが多く、この駐車場がいっぱいの場合には戸隠スキー場の無料駐車場へ誘導されることが多いです。

戸隠森林植物園

長野市戸隠

観る遊ぶ体験する

平成27年3月に新規独立した「妙高戸隠連山国立公園」を代表する自然の宝庫です。戸隠神社奥社参道に隣接し、名勝「鏡池」にも近い。5月上旬には残雪の中ミズバショウやカタクリの群生が咲きはじめ、カラマツの芽吹きもまぶしい

駐車場 植物園入口または奥社参道口駐車場をご利用ください。
鏡池

長野市戸隠

観る遊ぶ体験する

妙高戸隠連山国立公園内戸隠連峰が眼前に聳える、屈指のビューポイントです。早春芽吹き前、裸の林にはヤマザクラのピンクとコブシの白が点在し、その後芽吹きの緑が戸隠山を登っていきます。夏は深い緑に包まれ、野鳥の声が戸隠山峰々の岩にこだまします。秋、戸隠山の上から下へ錦の帯が下ってきます。カラマツの葉が金色に染まるころ、戸隠産新蕎麦の季節を迎えます。深い雪に埋もれる冬は、スノーシューやクロカンスキーなどで、全面結氷した池の上でお昼のおにぎりとか、最高です。小鳥ヶ池より遊歩道で60分。奥社参道随神門まで30分。森林植物園も近くです。

混雑が想定される連休・休前日・休日は交通規制が敷かれるときもあります。一般車両進入禁止時はシャトルバスをご利用ください。

駐車場 無料
小鳥ヶ池

観る

鳥ヶ池は、その名の通り素晴らしい池です。神社・蕎麦屋や、より有名な鏡池だけを見る人が多いため、訪れる人が少なくてひっそりとしており、それがまた素晴らしいです。中社からすぐなので、必ず訪れることをおすすめします。右側の白樺の下には木のベンチもあります。
元の道か池の周りを半周して、遊歩道に戻り、さらに歩を進めます。やがて登りになり、途中、左に硯石という岩があり、「鬼女紅葉くれは」の家来で怪力の女傑「おまん」の物語が書かれています。

公共交通機関

中社の無料駐車場は、西参道入口にあります(西参道入口駐車場)。駐車台数は100台程度と大型です。段々畑のように、いくつかの階層に駐車場が整備されています。

※ただし、常に全ての駐車場(階層)が開放されているとは限りません。非常に混みあっていても一部の駐車場が利用できないなど、良く分からない使われ方がされることがあります。例えば、平日は全て開放されているが、祝祭日は利用が制限されるなど。連休中など混み合う期間には警備員が誘導を行っていることが多く、この駐車場がいっぱいの場合には戸隠スキー場の無料駐車場へ誘導されることが多いです。

この観光コースをベースに、観光コースを自由にカスタマイズしていただけます!
気になる方は、右のボタンをクリック!!

トップへもどる